湯元不忘閣
「青根御殿」を望む会食室。文人も泊まったという旧湯治部の客室を利用。

TOP > 宮城県 > ホテル詳細
震災後も慎んで営業しております。被災された皆様頑張ってください
創業450余年。伊達政宗が愛し多くの文人墨客が愛した荘厳な佇い。様々な書画骨董も展示され、歴史ロマンを肌で感じることができる。源泉かけ流しの湯殿は五種。開湯当時の風情を肌で感じながら館内湯めぐり
料金 13800円〜

宿泊プランや料金の詳細
PC・スマートフォンの方はコチラ
※当サイトの掲載内容が最新情報と違う場合がございますので、ご予約の際は必ず施設の最新情報や宿泊プランをご確認下さいますようお願いいたします。
高台のお部屋と御殿。眺めはいいが長い階段もある。

住所
宮城県柴田郡川崎町青根温泉1−1
アクセス
車/東北自動車道から山形自動車道へ〜宮城川崎IC〜国道457号線経由、青根・遠刈田方面へ約10km 車以外/JR東北本線白石駅下車、青根温泉行きバスにて終点下車
料金 13800円〜
チェックイン 15:00から
チェックアウト 10:00まで
評価 
口コミ数 40

口コミや宿泊プランの詳細
※当サイトの掲載内容が最新情報と違う場合がございますので、ご予約の際は必ず施設の最新情報や宿泊プランをご確認下さいますようお願いいたします。

prevnext
Page Up
サイトトップ